相続後でもできる相続税対策

相続税は基本的には相続開始時点で所有していた財産額、相続人の人数によって「相続税の総額」は決定されます。しかしながら「最終的に支払う税額」については誰がどの財産を相続するかによって大きく変わってきます。また、その財産の分け方によっては2次相続で支払うべき税額が大きく変わることがあります。後々のことまで考えた遺産分割を行う必要があります。