法定相続分

 

法定相続分とは、民法の規定によって定められている、相続を受ける割合のことです。
通常はこの割合を基準として、遺産分割の協議がなされることになります。

 

(1)    相続人が配偶者のみの場合

⇒ 配偶者の法定相続分は全部

 

(2)    相続人が配偶者と子(第一順位)の場合 

⇒ 配偶者が1/2、子が1/2

※子が2人以上いるときは、子の分である2分の1を子の数で均等にわけることになります。

※非嫡出子(結婚外で産まれた子供で父親が認知をした子のことです。)の場合は、嫡出子(法律上の結婚で生まれた子)の相続分の1/2となります。

 

(3)    相続人が配偶者と直系尊属(第二順位)の場合

 ⇒ 配偶者が2/3、直系尊属1/3

 ※直系尊属が2人以上いるときは、その3分の1を人数で均等に分けることになります。

 

(4)    相続人が配偶者と直系尊属(第三順位)の場合

 ⇒ 配偶者が3/4、兄弟姉妹が1/4

 ※兄弟姉妹が2人以上いるときは、その4分の1を人数で均等に分けることになります。

 

(注)相続放棄があった場合、はじめから相続人でなかったものとみなされます。