遺産分割協議書の作成

 

1、遺産分割とは

相続人が複数人いる場合、被相続人の遺産をどのように分けるか決めることを遺産分割といいます。

(1)指定分割

被相続人が遺言によって分割の方法を定めることです。
相続人の一部または遺産の一部についてだけ分割方法指定されている場合には、残りの人や物について相続人の間で協議して分割方法を決める必要があります。

(2) 協議分割

相続人全員の協議によって分割することです。

遺言書があった場合でも、相続人全員が同意すれば、協議分割をすることができます。協議分割では、相続人全員が一致すればどのように遺産を分割してもかまいません。

 

2、分割方法の種類

(1)現物分割

遺産を現物のままの状態で分ける方法をいいます。

(2)換価分割

遺産の全部又は一部を金銭に換価し、その換価代金を分割する方法をいいます。

売却代金や譲渡所得税を考慮する必要があります。

(3)代償分割

特定の相続人が遺産を取得し、その代償として自分の財産や金銭を他の相続人に支払う方法をいいます。

(4)共有分割

遺産の全部又は一部を相続人で共有する方法をいいます。
権利関係の複雑化をまねく場合があります。

 

3、遺産分割協議書とは

遺産分割の成立後、確定した各相続人が取得すべき財産を、文書として作成したものを言います。後日の紛争防止や、相続税申告や財産の名義変更にも必要となります。