遺言書の一番の作成目的は、遺産分割において相続人同士の間で争いを防ぐことと言えるでしょう。そのため、相続人間でしこりが残らないようなものにすべきです。しかし遺産分割で相続人1人が有利になる遺言の場合は、争いになる可能性が高いので注意をしてください。そのためにも、財産の分け方の理由を、心をこめて書いておくと、円満な相続につながります。これは、付言事項という項目で遺族にメッセージを残すことが出来ます。付言事項は、遺言としての法的効力や拘束力はありませんが、遺言者の最終の意思を示すものとして、遺族に対する効果が期待できるものです。遺言を作成する場合には検討してみてはどうでしょうか。