相続対策として、お孫さんの学校の入学金・授業料・塾の費用等の教育資金を贈与することを考えたことはありませんか?

通常ですと、贈与税がかからないようにするには年110万円以内の贈与となりますが、H27.12.31までの間に銀行などで、教育資金口座を開設し、信託すること等の各種条件を満たすと、お孫さん(30歳未満)に対する贈与が1500万円まで非課税となります。

実際に教育資金を使う場合には、教育資金口座より引き出して学校等に支払をし、その領収書を金融機関に提出するといった形で行います。

日本経済新聞によれば、この制度は延長が検討されており、お金の使い道等も子育て等の教育以外への拡充等も検討されているとのことです。