遺言には停止条件を付けることができます。停止条件とは簡単に言うと「条件」や「前提条件」と同じような意味です。例えば「自分よりも先に妻が死亡した場合、妻に相続させる予定の財産を長男に相続させる」というような遺言です。配偶者への遺贈をお考えの場合、配偶者が同年代の方も多いため配偶者が先に亡くなるケースも考えられます。その場合、停止条件を付けておいたほうが遺産分割がスムーズにいくのではないでしょうか。