1、住宅取得資金の贈与とは

 

父母や祖父母などから贈与を受け、その資金で新築・中古住宅の取得・増改築をした場合には、

いくつかの要件を満たせば最大1000万円まで贈与税が非課税となります。

 

2、要件

いろいろ細かく要件はありますが、ざっとまとめると以下の通りです。

 

①贈与を受けた人がお子さんやお孫さんであること

②贈与を受けた人がその年の1月1日において20歳以上であること

③贈与を受けた人の所得金額の合計額が2000万円以下であること

④住宅取得資金により取得した建物に、翌年の3月15日までに住むこと

 

実際にやってみようと思われた方は、お気軽にお問い合わせください。