信託とは、財産を持っている委託者が、信頼のおける受託者に、信託行為により信託財産を移転し、

受託者は、信託行為に従い信託財産を管理・処分します。

そして、その信託行為に基づき、信託財産に係る給付を受益者が受けるという流れになります。

民法上の所有者は受託者になり名義は受託者に変更になるが、税務上の所有者は受益者になるという

ところに注意が必要です。