日本経済新聞の記事によると、平成27年1月からの相続税課税強化によって、全世帯の23%にあたる1220万世帯が課税対象となる模様です。三井住友信託銀行が政府の全国消費実態調査を基に試算したものですが、政府発表では相続税対象者は5割程度増加すると見込んでいましたが、民間試算では倍増することになります。特に今回あらたに相続税の対象となる世帯は三大都市圏が7割を占めるとみられており、教育資金贈与、保険などの相続税対策がさらに活発になるとみられます。