交通事故や病気などで被保険者が死亡し、保険金受取人が死亡保険金を受け取った場合には、保険金の負担者・受取人が誰であるかにより、所得税・贈与税・相続税のうちいずれかの課税の対象となります。

 

死亡保険金の課税関係の表
保険料の負担者 被保険者 保険金受取人 税金の種類
B A B 所得税
A A B 相続税
B A C 贈与税

(注) 被保険者Aが死亡したものとする。

 

1、所得税が課される場合

 保険料の負担者と保険金受取人とが同一人の場合です。この場合の死亡保険金は、受取の方法により、一時所得又は雑所得して課税されます。

(保険金を一度に受け取った場合には一時所得、年金方式で受け取った場合には雑所得となります。)

2、相続税が課される場合

 死亡した被保険者と保険料の負担者が同一人の場合です。

3、贈与税が課される場合

 保険料の負担者、被保険者、保険金の受取人がすべて異なる場合です。