遺言にも様々な種類があることをご存じですか?

主な作成方法には次の3つがあります。

①自筆証書遺言

遺言の全文を自筆で作成する方法です。

※本人がすべて自筆で書かないと無効となります。

②公正証書遺言

公証人役場で作成する遺言です。

遺言の内容を公証人に伝えて、公証人に遺言書を作成してもらう方法です。

遺言書が無効となる心配が少ないです。

③秘密証書遺言

作成した遺言(自筆である必要はない)に署名押印した上で、これをを封じ

公証人に封書を渡して、遺言作成者本人によるものであると証明してもらう方法です。

 

これらの遺言書は、遺言者の意思でいつでも変更可能です。