信託とは?

Filed under: ブログ - @ 2014年7月31日 8:12 AM

信託とは、財産を持っている委託者が、信頼のおける受託者に、信託行為により信託財産を移転し、

受託者は、信託行為に従い信託財産を管理・処分します。

そして、その信託行為に基づき、信託財産に係る給付を受益者が受けるという流れになります。

民法上の所有者は受託者になり名義は受託者に変更になるが、税務上の所有者は受益者になるという

ところに注意が必要です。

 

相続税 課税対象が倍に

Filed under: ブログ - @ 2014年7月28日 7:41 AM

日本経済新聞の記事によると、平成27年1月からの相続税課税強化によって、全世帯の23%にあたる1220万世帯が課税対象となる模様です。三井住友信託銀行が政府の全国消費実態調査を基に試算したものですが、政府発表では相続税対象者は5割程度増加すると見込んでいましたが、民間試算では倍増することになります。特に今回あらたに相続税の対象となる世帯は三大都市圏が7割を占めるとみられており、教育資金贈与、保険などの相続税対策がさらに活発になるとみられます。

生命保険金を受け取った場合

Filed under: ブログ - @ 2014年7月21日 7:57 AM

交通事故や病気などで被保険者が死亡し、保険金受取人が死亡保険金を受け取った場合には、保険金の負担者・受取人が誰であるかにより、所得税・贈与税・相続税のうちいずれかの課税の対象となります。

 

死亡保険金の課税関係の表
保険料の負担者 被保険者 保険金受取人 税金の種類
B A B 所得税
A A B 相続税
B A C 贈与税

(注) 被保険者Aが死亡したものとする。

 

1、所得税が課される場合

 保険料の負担者と保険金受取人とが同一人の場合です。この場合の死亡保険金は、受取の方法により、一時所得又は雑所得して課税されます。

(保険金を一度に受け取った場合には一時所得、年金方式で受け取った場合には雑所得となります。)

2、相続税が課される場合

 死亡した被保険者と保険料の負担者が同一人の場合です。

3、贈与税が課される場合

 保険料の負担者、被保険者、保険金の受取人がすべて異なる場合です。

障害者の税額控除について

Filed under: ブログ - @ 2014年7月10日 5:06 PM

1 障害者の税額控除についての概要

 相続人が85歳未満(注)で障害者のときは、相続税の額から一定の金額を差し引くことができます。

2 障害者控除が受けられる人は?
障害者控除が受けられるのは次の全てに当てはまる人になります。

(1) 相続や遺贈で財産を取得した時に日本国内に住所がある人

(2) 相続や遺贈で財産を取得した時に障害者である人

(3) 相続や遺贈で財産を取得した人が法定相続人(相続の放棄があった場合には、その放棄がなかったものとした場合における相続人)であること。

3 障害者控除の額は?

 障害者控除の額は、その障害者が満85歳(注)になるまでの年数1年(年数の計算に当たり、1年未満の期間があるときは切り上げて1年として計算します。)につき6万円で計算した額です。この場合、特別障害者については1年につき12万円となります。
なお、障害者控除額が、その障害者本人の相続税額より大きいため控除額の全額が引き切れないことがあります。
この場合は、その引き切れない部分の金額をその障害者の扶養義務者の相続税額から差し引きます。

(注) 扶養義務者とは、配偶者、直系血族及び兄弟姉妹のほか、3親等内の親族のうち一定の者をいいます。

 また、その障害者が今回の相続以前にも障害者控除を受けているときは、控除額が制限されることがあります。

遺言について

Filed under: ブログ - @ 2014年7月4日 11:14 AM

遺言にも様々な種類があることをご存じですか?

主な作成方法には次の3つがあります。

①自筆証書遺言

遺言の全文を自筆で作成する方法です。

※本人がすべて自筆で書かないと無効となります。

②公正証書遺言

公証人役場で作成する遺言です。

遺言の内容を公証人に伝えて、公証人に遺言書を作成してもらう方法です。

遺言書が無効となる心配が少ないです。

③秘密証書遺言

作成した遺言(自筆である必要はない)に署名押印した上で、これをを封じ

公証人に封書を渡して、遺言作成者本人によるものであると証明してもらう方法です。

 

これらの遺言書は、遺言者の意思でいつでも変更可能です。

群馬県路線価発表

Filed under: ブログ - @ 2014年7月2日 1:18 PM

前橋税務署から2014年1月1日現在の路線価が発表されました。全体では前年比マイナス3.3%で22年連続前年を下回ったものの、下げ幅は前年より0.4ポイント小さくなりました。県内最高路線価は高崎市八島町で1㎡あたり31万円で前年比横ばいとなっています。JR高崎駅周辺では大型商業施設の進出計画や集客施設の整備事業の影響があるようです。