更正の請求期間の延長

Filed under: ブログ - @ 2011年12月22日 6:05 PM

申告書を提出した後で税額を実際より多く申告していたことに気付いたときには、「更正の請求」という手続きにより訂正を求めることができます。この「更正の請求」について、H23年度の税制改正により更正の請求ができる期間が法定申告期限後1年から5年(贈与税は6年)に延長されました。

更正の請求期間が延長されるのはH23年12月2日以後に法定申告期限が到来する国税です。配偶者に対する相続税額の軽減等当初申告が要件とされていた規定についても事後的に適用を受けることができるようになりました。

ただし、更正の請求に際しては、更正の請求の理由の基礎となる「事実を証明する書類」の添付が必要となることが明確化されました。さらに、偽りの記載をして更正の請求書を提出した者に対する罰則(1年以下の懲役または50万円以下の罰金)が設けられました。

 

 

 

故意に申告しない場合の罰則

Filed under: ブログ - @ 2011年12月20日 5:56 PM

相続税又は贈与税の申告義務のある人が「故意に」申告しなかった場合の罰則がH23年の税制改正により創設されました。該当する人は、5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金(又は併科)となりました。これはH23年8月30日から適用になりました。

これまで、「正当な理由なく申告書を申告期限までに提出しなかった者は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」という法律がありました。この法律は、「過失」により申告をしなかったことを想定しています。今回は、「故意に」提出しなかった人を対象に刑罰を重くしています。

物納する財産

Filed under: ブログ - @ 2011年12月14日 6:18 PM

Q、相続税を現金で納付することがでえきないので、物納しようと思います。物納する財産に制限等があるのでしょうか。

A、物納に充てることができる財産には順位が定められています。

 相続税の物納対象となる財産は、その相続税の課税価格の計算の基礎となった財産に限られますが、その財産の管理や処分に問題がある財産は、物納財産になりません。

 また、物納として収納可能な財産であっても、その収納には順位が定められています。原則として、この順位をこえて物納財産に充てることはできません。

(参考)物納に充てることができる順位                                                                                                                      

第一順位 国債・地方債・不動産・船舶                                

第二順位 株式等の有価証券                                     

第三順位 動産                                                                               

 

 

連帯納付義務の見直し

Filed under: ブログ - @ 2011年12月9日 1:53 PM

相続税の連帯納付義務の見直しについては、24年度税制改正大綱に盛り込む考えを示した。同制度は一緒に相続した人が相続税を払えない場合には、その他の相続人が税金を支払うもので、長期間経過後に負担が発生する場合もあり、「不意打ち」になるとの批判が上がっていた。

 

 

12月無料相談会のお知らせ

Filed under: お知らせ - @ 2011年12月8日 8:44 AM

相続での様々なお悩みに関する無料相談会を12月は

12月15日(木)、12月23日(金)に開催いたします。

12月15日(木) 相続後でお悩みのお客様向け 相続税申告、遺産分割など

12月23日(金) 相続前でお悩みのお客様向け 財産計算、節税対策など

お申込は、「無料相談会」のページからお願い致します。

お電話の場合は、「群馬相続相談所のホームページを見た」と、お申し付けください。

なお、ご都合のつかない方は、日程の調整をさせていただきますので、ご相談下さい。

相続税調査1.4%減

Filed under: ブログ - @ 2011年12月7日 11:50 AM

国税庁は、平成22年事務年度の相続税の調査事績を発表した。実地調査を行った1万3638件(対前事務年度比1.4%減)のうち82.5%の1万1276件(同4%減)から申告漏れを把握した。申告漏れ課税価格は、前年度とほぼ同じ3,994億円。

申告漏れ相続財産の内訳は、現金・預貯金が1,332億円と最も多く、続いて土地719億円、有価証券631億円となっている。

同庁では、相続税調査に当たり、海外資産の把握に努め、相続人・被相続人の居住形態などから海外資産の相続が想定される事案のほか、無申告事案について、積極的な調査を行っている。