夫の遺産のうち約17億円を除外して申告し、7億円の相続税を逃れたとして、東京都港区の旅行会社「ミキ・ツーリスト」創業者の妻と会計事務所所長を相続税法違反(脱税)で在宅起訴した。内容は創業者の相続の際、同社の持ち株会社の株式の一部を会計事務所所長に生前贈与していたと偽装し、相続した株式を実際より少なく見せかけたというもの。それにより持株比率を引き下げ、株式の相続税評価方式を変えたようです。

相続対策として生前贈与自体は普通に行われていることですが、単なる脱税のための贈与とみられているのだと思います。相続対策にもちゃんとした理由が必要となります。

雑記~8月になると思い出す土地評価~

Filed under: ブログ - @ 2010年8月4日 8:47 AM

8月になりました。暑い日々が続きますが、体調管理などいかがでしょうか。

私はこの時期になると、数年前の相続の案件を思い出します。

土地の評価を行うのに、地図や公図だけだと間口がよくわからなかったため、メジャーを持って実地調査に行きました。

炎天下の中、汗をかきながら距離を測ったので、少しボーっとしてきてしまい、少しでも木陰にいようと建物と木の陰になる涼しいスポットを見つけてそこで涼んでいました。

ところがそこが『蚊の大量発生スポット』だったのです!

日光が当たらず少しじめっとして水たまり(池みたいな感じです)があるその場所は、もう蚊が何十匹と飛び交っている場所でした。

避けようとしても蚊を退治しようとしても、相手が何十匹なので、もう蚊に刺されまくり状態でした。……恐ろしかったです。

今でも夏になると、あの実地調査と蚊の大群を思い出します。

群馬相続相談所では、公図や地図などではわからないような土地の状況などと調べるために、実際足を運び現況を調査したりなどもしております。少しでも相続税を安くするための努力は惜しみません。