民法には、相続の承認と相続の放棄という制度が定めれられております。

『相続の承認』とは、『積極財産(プラス財産』だけでなく、

借金・債務等の負債に代表される『消極財産(マイナス財産)』をも

相続財産として承継することを、相続人が受諾することを言います。

これに対して『相続の放棄』とは、『消極財産(マイナス財産)』や『積極財産(プラス財産)』の

全てを相続財産として承継することを、相続人が拒絶することを言います。

これらの制度は、 相続財産の承継を受諾するか否かの選択を

相続人の自由意思に委ねることとしたものである。

もし仮に、多大な借金を背負ったまま被相続人が死亡し、

相続が開始した場合には、その相続人は当然に被相続人の負債(借金)をも

承継することとなり、これでは、残された相続人に対する負担が

大きくなり過ぎてしまいます。全く身に覚えのない被相続人の借金を、

全面的に背負わさせしまうのはあまりにも過酷なものとなってしまうため、

承認と放棄という制度が設けられております。