代襲相続とは、本来は相続人となるべき被相続人の子や兄弟姉妹が

先に死亡していた場合(または相続欠格や廃除により相続権がなくなった場合)に、

その子が代わりに相続を受けることである。

ただし、兄弟姉妹には再代襲相続がないので注意が必要である。

子の代襲者(被相続人の孫)が先に死亡していたりすれば

さらにその子(被相続人の曾孫)に代襲(再代襲)されるが、

兄弟姉妹の代襲相続人(被相続人の甥や姪)には再代襲がない。

また、相続放棄の場合には、当初から相続人とはならなかったものとみなされ、

その子が代襲することはできない。