相続税がかかる場合として以下の3種類のケースがあります。
1.相続
2.遺贈
3.死因贈与

1.は亡くなった人が生前に、自身が死んだ際に誰に財産をあげるのか
”決めていなかった”ものをいい、これを「相続」と言います。
最も多いケースですので、多くの人がこれにあたります。

2.は亡くなった人が生前に、自身が死んだ際に誰に財産をあげるのか
”遺言で決めていた”ものをいい、これを「遺贈」といいます。
最近増えてきたケースです。

3.は亡くなった人が生前に自身が死んだ際に誰に財産をあげるのか
”契約で決めていた”ものをいい、これを「死因贈与」といいます。

 3.のケースは少ないのですが、遺贈と異なる点は、財産の移動が一方的なものか

否かによります。一方的に財産を贈与するものが遺贈ですが、財産をあげる人が

「財産をあげる」と表明しているだけではなく、財産をもらう人も「財産をもらいます」と

表明しているものが死因贈与です。