遺言書は相続争いを避ける有効な手段の一つですが、内容によっては争いを招くこともあります。円満な相続の為にトラブル防止法を一部ご紹介します。

1.遺産や相続人の状況が変わったら遺言を書き直す(不動産を売却した、預金が大幅に減った等)

2.状況が変わったらどうするか、あらかじめ書いておく

3.全ての遺産をもれなく書く(結局、相続人間で協議が必要になることも)

4.遺留分をなるべく侵害しないように分ける(3と同じ)

5.「付言」で、家族への感情や思いをたっぷり書く(法的拘束力はないが、感情的な部分で効果あり)