かつら販売大手アートネイチャーがジャスダック上場前に、五十嵐祥剛社長らに不公正な価格で新株を発行するなどし、会社に損害を与えたとして、株主が五十嵐氏ら当時の経営陣4人を相手取り、約22億5000万円を会社に賠償するよう求めた株主代表訴訟の判決が15日、東京地裁であった。福井章代裁判長は4人に2億2000万円の支払いを命じた。

 判決によると、アート社は2003年、保有していた自社株約3万3000株を、1株1500円で五十嵐氏に売却。04年には同氏ら役職員7人に、同額で計4万株の新株を発行した。

 福井裁判長は、自社株の売却は、実質的には約1年前に五十嵐氏が会社に売却した株の買い戻しで、価格は適正と指摘。一方、新株発行については、当時の株価は7000円を下回ることはなく、不公正な価格と判断し、差額の支払いを命じた。