Q、一昨年、夫から自宅の贈与を受けたので、贈与税の配偶者控除の適用を受けました。今年になり、夫が死亡したのですが、先に受けた贈与税の配偶者控除は、今回の相続税の申告においてどのように取り扱うのでしょうか。

A、贈与税の配偶者控除部分の金額は、相続税の課税価格の計算に含まれません。

 婚姻期間が20年以上の夫婦間で自宅の贈与が行われた場合には、贈与税の計算において、最高で2千万円の配偶者控除の適用を受けることができます。この控除を受けた部分の金額は、相続税の生前贈与加算の規定の適用において、その贈与はなかったものとされ、この控除額部分の金額が相続税の課税価格に算入されることはありません。