Q、父は祖父の相続において相続時精算課税制度の適用を受けていたのですが、祖父よりも先に死亡してしまいました。この場合、父が相続時精算課税制度の適用を受けて祖父から贈与により取得していた財産については、どのように取り扱われるのでしょうか。

A、父の相続人がその権利義務を全て引き継ぐことになります。

 相続時精算課税制度の適用を受けて財産の贈与を受けた者が、特定贈与者よりも先に死亡してしまった場合には、その死亡した者の相続人または包括受遺者が、その相続時精算課税制度に係る権利義務を引き継ぐことになります。

 ただし、その相続人等が特定贈与者である場合、その特定贈与者はその権利義務を引き継ぎません。