前橋税務署は相続税や贈与税の算定基準となる県内の23年分の路線価を発表、約6,000地点の標準宅地の評価基準額の対前年増減率は平均4.1%減となり、昨年の3.2%減から下落幅が広がった。県内の主な所在地の路線価は次の通り。

高崎市八島町 340千円(前年比▲5.6%)

前橋市本町2丁目 150千円(前年比▲6.3%)

伊勢崎市本町 61千円(前年比▲4.7%)

沼田市下之町 59千円(前年比▲6.3%)

藤岡市藤岡 53千円(前年比▲3.6%)

富岡市富岡 49千円(前年比▲3.9%)