Q、私は父の事業を相続するので、この事業上の銀行借入も相続するのですが、この借入金はかなり高額です。この借入金を、相続税の計算において、全額控除してよいでしょうか?

A、この債務は相続税の計算において控除することはできますが、遺産を上回る場合は注意が必要です。債務が遺産を上回る場合、上回る部分の債務については、相続開始前3年以内に受けた贈与財産(精算課税の適用を受けるものを除く)があったとしても、その額から控除することはできません。