Q、夫が死亡したので、会社が加入していた生命保険の支給を受けました。この保険金はどのような税金が課されるのでしょうか?

A、雇用主が保険料を負担していた保険金は、相続税の課税対象財産となります。雇用主が負担していた保険料は、被相続人が負担していたものとみなされるからです。ちなみに相続人が取得した場合には、非課税の適用があります。