Q、私は父の相続を放棄したのですが、死亡した時に同居していたことから、父の勤めていた会社から私に死亡退職金の支払いがありました。退職金は、500万円以下の金額なので、相続税がかからないということでよいでしょうか?

A、相続を放棄している場合には、非課税規定の適用はありません。なので、この死亡退職金は相続税の課税財産となります。