現行の民法では個人の意志である遺言によって財産分割方法を指定できます。あらかじめ決められた法定相続割合を基準に遺産を分割する「法定相続」より優先されます。逆に言うと遺言が無いと、基本的に法定相続分で分割しなければなりません。したがって特定の人にたくさんの財産をあげたい、とか、相続人以外に財産をあげたいなどの場合には遺言がかかせません。