政府税制調査会は2011年度税制改正で相続税の増税を検討している様です。バブル期に負担軽減のために見直したまま手つかずになっている基礎控除額の引き下げや、税率構造の見直しが軸。死亡保険金や死亡退職金の非課税制度の廃止も検討対象となっています。いままでの相続対策を大きく見直す必要がでてきそうです。