先週9月22日の日本経済新聞に、群馬県の基準地価についての記事が載っておりましたので紹介します。

**********************

群馬県が21日に発表した2010年の基準地価(7月1日時点)じゃ全用途の平均価格が1平方メートル当り4万2300円となり、前年と比べて3.9%下落した。地価が下がるのは18年連続。下落率は2年連続で前年より拡大した。前橋市や高崎市など中心市街地の空洞化で商業地の下落に歯止めがかからないのに加え、所得や雇用の回復が遅れ、住宅地の需要も低下している。

(9月22日 日本経済新聞 より)
**********************

用途別の価格でいくと、住宅地では、高崎市柳川町147番3が105,000円でトップですが、前年よりも下落しておりますし、商業地では、高崎市連雀町71番が266,000円でトップですが、やはり前年よりも下落しております。
群馬相続相談所では、土地の贈与や財産評価なども専門に取り扱っておりますので、土地の贈与の相談や財産評価の相談など是非一度ご利用頂けたらと思います。