「財産は子供に残さず、老後は子供に頼らない」「当てにしていない」―。東京スター銀行がこのほど発表した親世代と子世代を対象とした「資産に関する意識調査」の結果から、先祖代々の土地を相続するような昔ながらの家族像ではなく、財産面で相互に依存していない今どきの親子関係が浮かび上がった。
 調査結果によると、親世代(60代)のうち「財産を子供に残さず、老後は子供に頼らない」「その考えに近い」と答えたのは、合計で全体の76%に上った。一方、子世代(30~40代)も「まったく当てにしていない」「あまり当てにしていない」で計72%を占めるなど、親の資産にはあまり興味がないようだ。
 調査は、住宅を担保に老後資金を借りる「リバースモーゲージ」の市場調査のため、住宅を保有する60代の500人と、親が保有する30~40代の500人を対象に8月下旬に実施した。 
(H22.9.18 時事通信)(Yahoo!ニュースより)

****************************

財産をどう引き継ぐか、財産をどう遺していくか、さまざまな形があると思いますが、迷ったり疑問に思ったことがありましたら、お気軽に聞いてください。専門知識を駆使してお役に立ちたいと思います。