夫の遺産のうち約17億円を除外して申告し、7億円の相続税を逃れたとして、東京都港区の旅行会社「ミキ・ツーリスト」創業者の妻と会計事務所所長を相続税法違反(脱税)で在宅起訴した。内容は創業者の相続の際、同社の持ち株会社の株式の一部を会計事務所所長に生前贈与していたと偽装し、相続した株式を実際より少なく見せかけたというもの。それにより持株比率を引き下げ、株式の相続税評価方式を変えたようです。

相続対策として生前贈与自体は普通に行われていることですが、単なる脱税のための贈与とみられているのだと思います。相続対策にもちゃんとした理由が必要となります。