昨日のテレビ東京の『日経スペシャル ガイアの夜明け』で、相続の実態や遺言について放送されていました。

司法書士や心理カウンセラーが同行し、一泊二日でホテルに泊まり、遺言を書きあげる『遺言ツアー』の紹介や(参加費が15万8千円もするそうです…)、

相続で兄弟妹が揉めてしまい裁判にまでなってしまったケースや、

相続に関する大手銀行の戦略やビジネスチャンス、

今流行りの遺言書キットについてなど、

さまざまなことが番組内で紹介されていました。

印象に残ったのが、遺言ツアーに参加した女性の言葉です。

「遺言書を書くのは、とても複雑な気持ちと、一歩前への気持ちがある」と言っていました。

毎年相続で動くお金は50兆にのぼるそうです。

大金があるから揉める…というケースよりも、相続税はかからない1千万円以下の相続で揉めるケースも多いそうです。

少しでも相続について不安がある方、気持ちの整理という面でも、専門家に相談することは良いことだと思います。

「群馬相続相談所」では、定期的に無料相談会を実施しております。お気軽にお電話下さい。お待ちしております。