中国日報によると、ネット上で遺言を作成できるサイトが中間富裕層を中心に好評だとのことです。

しかし、「公的機関の承認を受けなければ、ネット上の法的文書は法律的に有効とはならない。」という一部当局の見解もあり、中国でのネット遺言の今後は、未だ不透明です。