夫の死亡で支払われた年金型生命保険に相続税と所得税を課すのは「二重課税」に当たるかどうか争われた裁判で、最高裁は今月6日、「二重課税に当たり違法」との初めての判断を示し、課税処分の取り消しを命じました。