農家の相続の場合、農業相続人がいるかいないかが大きな問題となります。農業相続人がいる場合には、相続税の納税猶予制度が適用されるため、実質的に相続税はほとんど課税されません。しかし、農業相続人がいない場合には、宅地並みの課税となり、農地が広い分、莫大な相続税が課される危険性があります。

私たち群馬相続相談所は高崎、前橋を中心として数多くの相続の実績と経験を積んでまいりましたので、お役に立てることがあると思います。