国税庁はパンフレット「定期金に関する権利の評価が変わりました」を作成し、ホームページで公開しました。

平成22年度税制改正において、給付事由が発生している定期金に関する権利については、相続税評価額が改正前より高くなるケースが多いと思われます。つまり今まで行ってきた相続対策の見直しが必要になることがありますので、該当すると思われる方は是非無料相談会へお越しください。