証拠能力が高いとされ、需要が急増している「公正証書遺言」で、認知症の高齢者の替え玉を使った相続トラブルが表面化したことを受け、日本公証人連合会(東京)が全国の公証人会を通じて、作成時の本人確認を徹底するよう周知しました。