公正証書遺言をおすすめするわけ

遺言は厳格な条件が備わっていないと無効になり、思いもよらない事態が起こることがあります。

たとえば、相続人以外の人に遺言によって財産を取得させる場合、遺言が無効なのを気付かずに遺言に沿って遺産分割、相続税申告を行ってしまうと、後日無効の事実が分かった時に、申告のやり直しや相続税でなく贈与税を支払う必要がでてくる可能性があります。つまり多額の税金等の支払いが発生するということになります。