遺産相続といえば、現金や株式、あるいは不動産などのプラスの財産を貰うことばかりを想像しがちです。ところが、相続とは故人の権利義務の一切を引き継ぐことです。借金などの負債はもとより、連帯保証人といった義務についても同時に相続してしまうこととなります。課税対象の財産がなくて相続税がかからなくても、借金というマイナスの財産は相続します。

ただ、自分の親がいくら借金をしているのか、知っている子どもがどれほどいるでしょうか。まして連帯保証人になっているかどうかなど、ほとんど知っている人はいないでしょう。

自分が連帯保証人になったときは家族に開示することが大切といえます。

資産よりも借金が多い場合、または第三者の莫大な借金の連帯保証をしている場合には「相続放棄」をしたほうが賢明といえる場合があります。

しかし、単純に相続放棄といっても例えば親が死んだ場合に子が相続放棄をすると、親の親に相続権が発生します。そこでまた、親の親が相続放棄を行うと今度は親の兄弟に相続権が発生することになり、それらの人全員が相続放棄して初めて借金はチャラとなります。