最近、高崎市、前橋市の相続税申告をさせて頂いた中で、市街化調整区域の不動産の評価がありました。市街化調整区域は基本的に、市が決定した固定資産税評価額をベースとして評価するのですが、これが実勢価格とは大きくかけ離れているケースが散見されます。

実勢価格の方が低ければ、余計な相続税を納めてしまうこともあります。実勢価格の方が高ければ、「本当は相続税申告が必要だった」ということにもなり兼ねません。特に市街化調整区域内に宅地や雑種地をお持ちの方は専門家に相談しておいた方がいいと思います。