配偶者に一切の財産を相続させるという遺言書を書いたものの、配偶者の方が先に亡くなってしまったとしたら、財産はどうなるのでしょうか。
民法によると、遺言者の死亡以前に受贈者(財産を受け取る人)が死亡した場合、遺言書の該当する部分については無効になります。つまり、遺言書によって特定の人に相続させるとしていた財産は、その相続人等の死亡によって、行き先がなくなってしまうことになります。
相続する人が指定されていない財産を誰が相続するかについては、遺言書がない場合と同様に遺産分割協議で決めることになります。協議を行わなくても遺産分割ができるという遺言のメリットがなくなってしまします。

配偶者のように、財産を残したい相手が同年代かそれ以上である場合は予備的遺言を入れておくことをお勧めします。予備的遺言とは、指定相続人等が既に死亡していた場合に備えて、次の相続人等を指定しておくというもので遺産分割をスムーズに行うことが出来ます。