被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。
この死亡保険金の受取人が相続人(相続を放棄した人や相続権を失った人は含まれない)である場合、すべての相続人が受け取った保険金の合計額が次の算式によって計算した金額を超えるとき、その超える部分が相続税の課税対象になります。
 500万円×法定相続人の数=非課税限度額
 例えば、 生命保険金5000万円が保険会社からもらえて、法定相続人が4人であるならば、
 5000万円-500万円×4=3000万円
 となり、3000万円が相続財産になります。